GoogleからSnowflakeへ、戦略的な転職の理由 – Snowflake Blog

GoogleからSnowflakeへ、戦略的な転職の理由 – Snowflake Blog

私は、誰もがより簡単に機械学習(ML)や人工知能(AI)にアクセスできるような取り組みを灚みを灚みを灚

私 は 20 年 以上 前 、 コンピューター 科学 の 学士 号 取得 の 一環 とし て Hex et qubic (TIC-TAC-TOE) といった ゲーム に 戦略 を 実装 し た 際 、 、 の 魅力 に 取りつか れ まし た し た 際 年目 に の 魅力 に 取りつか れ まし た。 院 院 1 年目 にAi プランニング を 少し かじり 、 その 後 2003 年 に Google で の インターンシップ 中 に 実際 の Ml を 目 の 当たり に し し た は 、 、 Ml に 注力 し て まし た た。 2004 年 に に に 入社 て から の の 17 年間開発 に 費やし まし た。 これら の テクノロジー は Alphabet グループ 傘下 の 全 企業 および 世界 中 の その 他 企業 に オープン ソース ソフトウェア や クラウド 機能 を通じて 提供 れ まし た た。。 ソフトウェア や クラウド 機能 提供 さ れ まし た。

Google では 、 Ml や 大 規模 システム の 普及 において 第 一 線 で 活躍 する 多く の 技術 者 と 一緒 に 働く 機会 を 得 まし た。 世界 に 有名 な な 研究 者 の まし まし。 世界 的 に 有名 な 研究 研究 者 の の の の の の の とともに 、 新た な な アルゴリズム アルゴリズム 研究 者 の の の の の の とともに 、 新た な な な アルゴリズム アルゴリズム アルゴリズム 者 の研究 や 導入 も 行い まし た。。。。。。 explainable Ai (説明 可能 な Ai) や ドメイン 知識 を Ml へ 落とし込む 際 の 課題 へ の 理解 を 深め ながら 、 の 検索 検索 ランキング に も 携わり まし た。 システム 分野 における 第一 検索 ランキング に も 携わり まし た。 システム 分野 における 第一 第一 第一 人者 、 tushar chandra 氏 とともに 大 規模 かつ 非常 に 複雑 な エンド ツーエンド の Ml システム を いくつ か 構築 し まし た た。 、 、 ADS 、 Recherche 、 YouTube 、 Cloud 、 Android 、 Waymo 、 その 他 の Alphabet 企業 の の リーダー リーダー たち と その 他 の の の の 企業 の の リーダー リーダー たち と その 他 のて、MLベースのソリューションの開発やデプロイに携わりました。

このような経歴ながら、MLは私にとって2番目の専門分野であり、一番目はチェスです。

1985 年 、 7 歳 の とき に 偶然 始め た チェス は 、 その 後 、 グランド マスター の 称号 を 得たり 、 、 ジュニア ジュニア 年 に の ジャガン で 開催 さ れ た ジュニア ジュニア チェス 選手 で 優勝 し たり と 国際 な な キャリア キャリア。 テクノロジー 分野 で の 実績 より も チェス の 世界 で の 実績 が 早かっ た こと から 、 チェス の 経験 が エンジニア として の に に どの よう 生かさ れ て いる の か 関係 づけ よう と 試みる 人 い ます いる の か 関係 づけ よう と 試みる も い ます。。

けれども 私 は 、 これ は 相関 関係 と 因果 関係 を 勘違い する 例 である と 考え ます。 この よう な ケース は は アルゴリズム の 世界 で も 多く ら れる 課題 です。 私 は 生まれつき 物事 を 深く 考える で 、 、 常に 長期 私 生まれつき 物事 を 深く タイプ で 、 、 常に 長期な 向上 や 最適 化 を 目指し て おり 、 この 性格 が チェス が 強く なっ た 理由 だ と 思い ます。 私 は システム 理解 理解 し 、 さ を 受け入れ 、 価値 を 最大 化 する ため の 難しい に 膨大 な 時間 時間 を 化 する ため の 難しい に 膨大 な 時間 時間 時間 を する する ため の 判断 に 膨大 な 時間 時間 時間費 やす こと が 気に入っ て い ます。 チェス の 世界 で は 、 チェス プレイヤー として 常に 向上 する ため の 努力 と 振り返り を 惜し まず 、 ゲーム の 駒 の 努力 と 振り返り の 判断 を する こと が です。。。何 を 構築 す べきか 優先 順位 を 付け 、 実施 や 効果 を 最大 化 する ため に プロジェクト や チーム を まとめ あげ ながら システム 設計 設計 する こと が 重要 です。

戦略 的 かつ 合理 的 な 考え 方 は 、 私 が 最近 Google から Snowflake へ と 転職 し た こと に も 関係 し て き ます。 私 にとって 転職 は 、 、 関係 深く 考え 、 目的 を 持っ て し 、 、 、 人 々 、 目的 を て 行動 し 、 、 人 人 々 にとって を 持っ 行動 し 、 、 、 人。

Flocon de neigeへの転職理由

2015 年 まで は 、 Google 内 の 問題 解決 の ため の Ml テクノロジー の 開発 に 注力 注力 し て い まし た。 その 当時 、 、 の の 担当 たち は は 分野 で 何 を す べき か か 検討 し 始め て い まし まし を す か を 検討 し 始め い い まし まし た。 私 は 検討 し て い まし まし まし た 私 私、今はSnowflakeのエンジニアリング担当SVPで当時はGoogleに所属していたGreg Czajkowskiと 協力 し 、 私たち の 知見 を どの よう に Cloud Google に 適用 さ せる か を 探索 し まし た。 私 は 特に 、 より 多く の 人 が を 利用 できる 新た な な サービス や 機能 の 設計 に れる こと 新た に な な サービス や 機能 の 設計 携わ れる こと こと に に 喜び サービス や 機能 の に 携わ れる こと こと に にを感じていました。

Cloud Google チーム と 数 年間 一緒 に 働い た 後 、 私 は 、 歴史 が 繰り返す と いう こと を 経験 し まし た。 今回 は クラウド および エンタープライズ 設定 です。 私 が 10 年 以上 かけ て 学ん だ は 、 、 は が が 魔法 魔法 以上 かけ て だ の は 、 、 は は 魔法 魔法 魔法 の て 学ん だ は 、 、 は は は 魔法 魔法よう な 体験 を 生み出す けれども 、 ml 自体 は 魔法 で も 何 で も ない 、 と いう こと です。 クラウド や や 分野 に 注力 し て 多く の 企業 クラウド 、 や を ブラック ボックス として 、 あらゆる 競合 を を 、 出し抜ける を ボックス として 、 あらゆる 競合 他社 を を 出し抜ける 出し抜けるを構築できる万能策を探すことに過剰に力を注いでいました。

現実 に は 、 ml は 使い やすい もの ではあり ませ ん。 単一 の Ml ベース ソリューション の 構築 に 、 多く の 人 や チーム が 関わる ケース が 多く ます。 また 、 、 システム システム の 予測 不 可能 動き から 結果 結果 として として として システム の 不 可能 な 動き から 結果 結果 として として として 生まれ 予測 予測 不 な 動き 、 結果 結果 として として としてた ソリューション は たい て い 脆弱 な もの と なっ て い ます 。ml システム により 生じる 通常 の エラー は 、 人 によって 生じる エラー と 異なっ て ため 、 この 、 な エラー の 、 、 、 改善 が なっ て て い い ます 、 デバッグ 改善 が なっ て て て い分野にも進捗は見られますが、私は、MLが真の効果を発揮する機会は今後訪れる、と考まていま

昨年 1 年 間 、 どう し たら Ml の 今後 について 最大 の 影響 を 与える ことができる だろ う 、 と 考え て い まし た 。10 近い さまざま な 機会 検討 し た 結果 、 、 、 に 一番 の 可能 性 を まし た た。 、 その その 一番 の 可能 を 感じ まし た た。。理由をご紹介します。

データグラビティと機械学習

Flocon de neige は 、 ただ 1 つの シンプル な 理由 で Ml や Ai の 転換 分野 で 素晴らしい 位置 に つけ て い まし た。 その 理由 と は 、 よう な な まし において も データ が 最 重要 要素 、 と いう 点 点 です。 最 重要 要素 である と いう 点 点 です です。 より 良い である 、 いう 点 点 点 です。 よりデータ が より 良い モデル に つながる こと は 周知 の こと です が 、 データ を 使用 し て モデル を する する と いう こと 、 、 エンド ツーエンド の システム において する が 果たす 役割 の わずか 一部 で あり ませ ん。 例えば 例えば 、 の わずか で しか あり ん。。 例えば 、システム は 継続 的 トレーニング や リアル タイム 推論 において データ ストリーム に 依存 し て い ます。 複雑 な ビジネス ロジック や 消費者 向け 製品 関わる 関わる モデル や の よう な や 消費者 向け 多数 生成 し て おり これら すべて が が 膨大 な 生成 し て 、 これら すべて が が が 膨大 な 量データ を 使用 、 生成 し て い ます。 素晴らしい エンド ツーエンド の Ml エクスペリエンス を 提供 する に は 、 この よう な データ すべて を 整理 、 処理 する 包括 アプローチ が 必要 です です。 整理 、 、 する 包括 的 アプローチ 必要 必要 です。

「データ グラビティ」 とは 、 膨大 な 量 の データ を 移行 さ せる 方 が 難しい ため 、 サービス や アプリケーション が データ を 引き込む 、 、 逆 に 増え 続ける データ に 引き込ま れる と いう 現象 です。 周知 とおり 、 生成 さ さ れる いう 現象 です。 周知 とおり 、 生成 生成 さ さ れ 現象 現象 です。 の とおり 、 生成 さ さ さる データ 量 は これ まで に ない もの と なっ て い ます。 その ため 、 時 とともに 蓄積 さ れ た データ も これ までに なく 巨大 化 て おり 、 た 分 、 引力 増加 増加 し い ます データ は 分 すべて の も し て ます。 データ は は すべて の重要 要素 であり 、 データ グラビティ によって サービス や アプリケーション は データ 近く に 集まっ て くる こと から 、 Snowflake は 今後 どれ だけ 多く の 企業 が Ml を 活用 できる か いう いう 点 において 、 革新 や 形成 の 素晴らしい を 保有 し し て て 革新 や 形成 の 素晴らしい 機会 保有 保有 し て て いる いる や の 素晴らしい を 保有 し し て てと言えます。

データ管理およびデータシェアリング

Flocon de neige に 入社 する 前 は 、 Google ADS で 2 年 間 、 ユーザー 、 広告 主 、 そして Google の ため に 、 長期 的 な 価値 の 最適 化 を 重視 し 多く 、 の の に 関する 取り組み の 責任 者 務め て い い まし まし 取り組み の の 者 を 務め て い い まし た。 この 責任 者 を て い い まし ましは より 多く の データ が 必ず 良い 結果 に つながる と いう 非常 に 複雑 な 分野 でし た。 最も シンプル な 例 は 、 私 の チーム の 部分 が 同じ な の 別 一部 と データ を 有 する と いう ケース ケース でし 一部 データ を 有 する と いう ケース ケース ケース複雑 な ケース に なる と 、 ユーザー の 短期 的 な 行動 や 長期 的 な 関心 へ の 理解 理解 を 深める ため に 、 、 、 、 、 、 、 、 の の の 、 が さ まし 領域 に に て データ の の が 要求 れ れ まし まし まし た複雑 な ケース の 中 に は 、 コンバージョン の 最適 化 や ユーザー を より 深く 理解 する ため に 、 、 と 他 の 企業 に またがる データ の 有 が 必要 な もの 他 あり まし。 チーム 、 組織 、 に またがる もの も あり まし。 チーム 、 、 企業 またがる またがる またがる またがる データ データ の 有 有 、 企業 に またがる またがる データ データ データ の 有 有 、 に またがる またがる またがる データ データ の 有により、多くのMLシステムがGoogle Ads et Google Ads

しかし 、 データ シェア リング を 容易 に し 、 かつ あらゆる ポリシー や プライバシー 規定 を 遵守 し た 方法 で 実施 する こと は 、 データ ガバナンス や データ における 高度 な する が 必要 でし た。 この な 複雑 を 解消 解消 する ため ため。 この よう 複雑 性 を 解消 解消 する ためADS が 抱える 膨大 な リソース が 使用 さ れ まし た が 、 パートナー 企業 も 彼ら 自身 の ソリューション を 必要 と し て い ため ため 、 課題 一部 へ の と し て い い い まし。 以前 は 、 、 データ データ 管理 まし た。 私 は 、 、 、 データこと だ と 受け止め て い まし た。 その 後 、 Google ads で の 経験 や パートナー 企業 と の 協働 を通じ 、 大 規模 な データ の 管理 や 有 が 難しい と いう 理由 で どれ 多く 多く の の の 性 が が 閉ざさ 閉ざさ れ だけ 多く の の の 性 が が が 閉ざさ 閉ざさ て き き たの か を 理解 する よう に なっ て いき まし た。 2019 年 に 初めて Snowflake の 名前 を 耳 に し た とき 、 新た な データ 管理 会社 の 1 つとして 頭 の 片隅 に 留め て い まし た。 2021 年 »データクラウドが いかに 急速 に 成長 し て いる か を 知り まし た。 これら すべて を 総合 し 、 データ クラウド に 加え て 、 機能 機能 や サービス の 構築 大きな かつ 独自 の ビジネス 機会 が ある と 判断 し た かつ 独自 の ビジネス 機会 が ある と 判断 まし た た た。。。

技術ファーストかつ顧客ファーストな文化

Flocon de neige の 根幹 は テクノロジー 企業 です。 その ため 、 社内 文化 に は 、 創立 者 の 技術 ファースト & 顧客 ファースト の 姿勢 が 反映 さ れ て ます。 顧客 ファースト 非常 に 難しい 技術 課題 を 、 膨大 な 時間 を を最も 拡張 性 の 高い マルチ クラウド および クロス クラウド な データ プラットフォーム に つながる 革新 的 な ソリューション を 設計 し まし た。 この こと 、 、 誰 で が データ を 有 し 、 その データ に 基 し た で で も も 利用 データ に 基 し た 他者 で も も もできるデータクラウドを実現する基盤となりました。

私はSnowflakeに入社する前に、Snowflakeのエンジニアリングカルチャーについて書かれた「宇宙船『Flocon de neige』を支えるロケット」を 読ん で い まし た。 今 の ところ 、 記事 に 書か れ て い た 内容 は 、 この 数 か 月 で 私 が 体験 し た と 一致 し か 月 で 創立 者 たち は 非常 に な 技術 技術 技術 や積極 的 に 関わっ て おり 、 製品 や エンジニアリング における エクセレンス (卓越 性) について の 強い こだわり を 持っ て い ます。 危機 に に 煽ら れ て や 技術 的 負債 へ と 引きず られる のではなく 、 チーム 慎重 に 検討 負債 へ へ と られる のではなく 、 チーム は に 検討 検討 を を重 ね 、 時間 を かけ て 健全 な 議論 を 行っ た 上 で 、 チーム が 結集 し て 全力 で 最善 の 機能 や の の 構築 に あたっ て い ます。

さらに 、 企業 理念 に も 強いこだわり が あり 、 この 点 は 小 規模 企業 で は よく ある こと です が 、 Snowflake は その 急速 な 成長 に もかかわらず 、 も この この 姿勢 を 維持 し て い ます 社内 に は 、 姿勢 姿勢 を 維持 て い ます。 社内 に は 、 、 自分 を し て い ます 社内 に は 、 、 自分たち が 革新 的 な 世界 を 変える 製品 を 構築 し て いる のだ 、 という はっきり と し た エネルギー を 感じ ます。 取引 うまく うまく いっ た は 喜び 、 うまく いかなかっ た とき は 今後 どう す べき を 考え ます。。 た は 今後 どう す べき を 考え ます。。。 急速 今後 今後 どう す か を 考え ます。。。に 成長 する クラウド の 世界 で 他 の 多く の 企業 も 新た な テクノロジー の 構築 に しのぎ を 削る 中 、 できる だけ 迅速 発展 に に 心血 注ぐ 1 つ 大きな 大きな スポーツ チーム の ようだ と 感じる が あり ます。 大きな スポーツ スポーツ チーム ようだ と 感じる こと が ます ます ます。。

SnowflakeはML分野において長い歴史を有しているわけではないかもしれませんが、私はゼロから何かを生み出すのが好きなタイプです。Googleでも同じような体験をしました。今回はSnowflakeで、 ま っ た く 新 し い 課 題 や ビ ジ ネ ス 機 会 に 対 し て 、 同 じ よ う な 体 験 が で き る こ と め 楽 し み に し ま ま

Laisser un commentaire

Votre adresse e-mail ne sera pas publiée.