アナリティクスCoEには会社全体の力が必要 – Snowflake Blog

アナリティクスCoEには会社全体の力が必要 – Snowflake Blog

注:本記事は(2021年8月5日)に公開された(An Analytics Center of Excellence Requires the Whole Enterprise)を翻訳して公開したものです。

Coe (センター オブ エクセレンス) に は 会社 全体 の 力 が 必要 です。 若干 矛盾 し て 聞こえる かもしれません が 、 これ は 真実。。 インサイト ドリブン データ ドリブン に なる こと は 今 や 必須 であり ドリブン データ ドリブン に こと こと は 今 必須 であり であり 、 や や 同等 なる こと は 今 や であり であり 、 や や 同等 同等の 立場 に いる 人 たち は 多大 な タスク を 背負っ て い ます。 では CDO は どう やっ て それ を 成し遂げる のでしょ う?? 自分 ひとり 力 だけ で を 達成 でき ない と と いう が 答え です 「「 「村人 全員 の いう が 答え。「 「「 村人は 言い ませ ん が (おっと 、 すでに 言っ て い まし た ね) 、 これ に は 会社 全体 の 力 が 必要 です。 会社 の あらゆる ところ データ や インサイト を 求める 声 が 上がる 中 、 データ アナリティクス を 担当 担当 する リーダー リーダー 上がる 中 、 や アナリティクス を 担当 担当 する リーダーは 、 ニーズ を 捉え 、 スキル を 評価 し 、 インサイト の COE を 構築 し 、 インサイト で インパクト を 実現 する と いう 目標 サポート サポート する 必要 が ます。 「センター」 と 呼ば れ は し ます 、 それ は は すべて の の れ は し が 、 それ は すべて すべて の グループや全体のビジネス目標を象徴しています。

なぜCoEなのか?

センター オブ エクセレンス (coe) とは 、 象牙 の 塔 を 建てる こと ではあり ませ ん。 より 広い 知識 基盤 を 構築 し 、 データ アナリティクス アナリティクス を 理解 する です。 要件 を 把握 し 、 取り組み を 調整 し 、 リソース を 活性 活性 把握 し 取り組み を 調整 し て リソース を を 活性 活性 化 化 取り組み を 調整 て 、 リソース を 活性 活性 活性する こと です 。coe を 構築 する こと で 、 リーダー は 組織 内 で データ と アナリティクス の 戦略 的 性質 を 強調 でき ます。

データとアナリティクスのCoEは、以下を可能にします。

  • データガバナンス、データオペレーション、プログラム管理のためのポリシーとベストプラクティスの定義と周知により、プロセスを合理化し価値創出を促進する。
  • 技術 チーム と ビジネス チーム に 通通 する 言語 を 生み出し 、 ビジネス 価値 の 提供 に 関する インセンティブ を 整合 さ せる こと で 、より深いデータ&アナリティクス文化を育てる
  • より広範なデータリテラシーを構築し 、 データ ドリブン な 意思 決定 を 強化 し 、 データスキル や 分析 スキル を 向上 さ せ 、 組織 全体 リソース リソース を 割り当てる ため トレーニング トレーニング を 主催 する。
  • 共同体意識を確立し、組織横断的な関与を促進する。
  • データとアナリティクスを通じてビジネス価値を実現する

Forrester 社 の リサーチ によると 、 CDO を 擁する 組織 の うち 、 インサイト の COE を 導入 し た 組織 や 拡大 中 である と 回答 し た 組織 は 45% に 上り た た。 対して 、 CDO の いない 組織 の は 32 %に留まりました。1 当然 の こと ながら 、 この 流れ を 先導 し て いる の は 最も アナリティクス に 成熟 し た 企業 です が 、 業界 、 地域 、 さらに は 会社 の 規模 は バラバラ です。 たとえば 、 、 、 さらに 、 会社 会社 規模 は バラバラ です。 たとえば たとえば 、 Wall Street Journal によると 、 Morgan Stanley 社 の COE には 、 データ アー キテクチャ 、 インフラストラクチャー 、 および ガバナンス を 専門 と する 約 30 名 の エキスパート が 在籍 し て いる そうです そうです2 彼ら は 、 同社 内 の さまざま な ビジネス 部門 や テクノロジー 部門 の データ アドバイザー とし て 、 インサイト ドリブン へ の 変革 を 加速 し て い ます。

CoEをどのように構築すべきか

Coe は 、 単一 の サイズ で すべて に 対応 できる わけ ではなく 、 会社 の ニーズ と 現在 の 成熟 度 を 反映 する 傾向 に ます ます 。COE は 必ずし も の 組織 や 構造 ではなく 、 組織 づくり の 枠組 の よう よう な や 構造 ではなく 、 組織 づくり 枠組 み の よう な な な もの 、 、 組織 の 枠組 み よう よう な な なと 考え ことができ ます 。coe は ハブ と なる 中核 チーム を 持ち 、 メンバー は CDO 直属 または 直属 ではない 部下 から 選ば れ 、 性 性 を 確保 し い ます。 組織 の 各 事業 部門 または 部課 に 、 ハブ。 組織 の 各 事業 部門 または 部課 に 、 ハブ へ へと つながる スポーク の 役割 を 果たす 人 々 が い ます。 責任 は ハブ と スポーク 全体 で 分担 し 、 組織 に 応じ て の の 所在 が はっきり でき ない グレーエリア も あり ます。。 所在 が はっきり でき ない グレーエリア も あり ます。。

  • ハブ:Coe の ハブ で は 、 データ イン サイトリーダー が 戦略 を 推進 し 、 全社 的 な データ ガバナンス を 確立 し て 、 人材 の 採用 、 トレーニング 、 の 調達 、 ベンダー 管理 、 データ & アナリティクス といった コンサルタント 的 サービス を 提供 し し 、 、 & アナリティクス といった コンサルタント 的 サービス を 提供 し し し ます。 これら の 活動 の 責任 と 関与 の 度合い は 、 残り の 組織 の 成熟 度 に 応じ て 異 なり ます。。 一般 的 な 役割 は ガバナン ス ポリシー ます 調整 、 評価 と 育成 、 その 他 全社 的 的 プロセス 、 と 育成 、 その の 全社 的 的 的 プロセス プロセス 挙げ られ 、 他 全社 全社 的 的 プロセス プロセス が られ. 。
Analytics Center of Excellence 2
  • スポーク:Coe の スポーク は 、 業務 分野 、 ファンクショナル チーム 、 または 地域 ユニット 内 に 存在 し ます。 アナリティクス の 成熟 度 が 高く なる 、 、 スポーク は の データ や アナリティクス の 取り組み に 緊密 に 関わる よう に ます。 スポーク は は 取り組み 緊密 に 関わる よう に ます。 スポーク スポーク は は 、 、 に 関わる よう なり ます。 スポーク は は は使用 事 例 、 アウトプット 要件 (レポート 、 ダッシュ ボード 、 機械 学習 モデル など) を 定義 し 、 データ の 実行 、 モデル の 開発 、 パフォーマンス の 追跡 および 成果 の 測定 を 監督 し ます パフォーマンス の 追跡 、 成果 の 測定 を 監督 し ます。
  • グレーエリア:グレーエリア は 、 スポーク レベル の 能力 に 応じ て 責任 の 有有 が 生じる 部分 を 反映 し て い ます。 ファンクショナル チーム や 事業 部門 に 必要 な が 不足 し て いる 場合 、 ハブ は 取り組み の と 実行 を 助ける いる いる 場合 ハブ は 取り組み の と 実行 を 助ける 助ける 助ける リソースを割り当てる場合があります。

着手の方法

データ および アナリティクス の センター オブ エクセレンス を 確立 する と なる と 、 初めの うち は 困難 に 見える かもしれません。 最初 から 実現 不 可能 こと に に 手 付け ない ほう が よい でしょ う。 この 取り組み を 主導 する と リーダー よい でしょ う。 この 取り組み を 主導 する と リーダー リーダー は でしょ う。 取り組み を 主導 する と リーダー リーダー は、 トップ ダウン と ボトム ダウン 両方 の サポート を 募り 、 迅速 に 価値 を 立証 する 必要 が あり ます。 その ため に は 次 次 の こと 実行 する 必要 が あり ます。 は 次 の こと を する 必要 が あり ます。

  • 幅広い部署の代表者から成る運営委員会を立ち上げ、共通のビジョンを確立する:理想を言えば、CoEは会社組織の上層部に直属し、ビジネスリーダーと技術リーダーの両方からの後援が得られるとよいでしょう。ここでの鍵は、(1) エグゼクティブによる後援、および(2 ) 会社 全体 で の 取り組み や リソース の 割り当て を 調整 する ため の 合意 さ れ た 権限 です。 この こと は 、 全社 な な データ ガバナンス と 順位 付け の ため に 設立 さ れ データ ガバナンス と 順位 付け の ため に 設立 さ れ た運営委員会も同じです。
  • 優先 順位 付け プロセス で は 、 ライト ハウス (灯台) の よう に 指針 と なる 取り組み を 特定 し。。 さまざま な 部署 既存 既存 の プロジェクト が かもしれません が 、 、 の の ライト プロジェクト は は 以前 であれ ば が 、の サイロ や 定義 の 違い と いった 問題 によって 阻ま れ て い た 部門 横断 的 な 目標 を 、 いかに 一元 的 な リソース 前進 前進 さ せる か を 示す もの である 必要 が あり ます。 たとえば ドメイン を またい だ だ データ を を ます。 データ ドメイン を またい だ データ データ をする プロジェクト など は 、 理想 的 な 候補 と 言える でしょ う。 しかし 、 いきなり 大き すぎる 仕事 を 選ば ない 方 が 賢明 です 最初 最初 は 低い にぶら 下がっ て いる 果実 から 選び 、 着実 に 価値 が する 様子 を 証明 証明 から 、 着実 に 価値 が する 様子 を 証明 証明 証明 し 着実 着実 に 価値 増大 する 様子 を 証明 証明 証明てください。
  • コンピテンシーを評価して責任を振り分ける:中央 の ハブ と 分散 し た 事業 部門 や ファンクショナル チーム の どちら に どの コンピテンシー を 任せる べき か を 知る に は 、 データ アナリティクスリーダー アナリティクスリーダー は 会社 で 誰 が に は 、 の か を 充分 に する 必要 が が あり ます か を 充分 理解 する 必要 が が が あり ます。ビジネス アナリスト や データ サイエンティスト が 所属 する スポーク は 、 他 より も 進ん で いる かもしれません。 財務 チーム は や や リスク 検知 の に 秀 秀 で い ます し カスタマー カスタマー イン サイト 部門 は 需要 動向 パーソナライズ オファー し 、 カスタマー イン サイト 部門 需要 需要 や パーソナライズ オファー オファー について について について について について専門 知識 が あり ます。 一方 で 、 法務 や 人事 といった 他 の グループ は 、 その よう な スキル ない ない かもしれません。 インサイト の 幅広い 幅広い アクセス 確実 な もの する する ため 、 ハブ は 何 名 の データ もの に する ため 、 ハブ 何 何 か の データ データ サイエンティスト サイエンティスト サイエンティスト サイエンティスト サイエンティストを 人事 部門 の リテンション モデル の 構築 や 、 新しい 労働 者 災害 補償 法 の 影響 の 理解 や 、 法務 費用 の 最適 化 支援 支援 する 仕事 派遣 し て もよい でしょ う。 化 支援 する 仕事 に し て もよい でしょ う。
  • サービスの内容や実現できる価値を明確に伝える:ほとんど の coe は 、 少なくとも データ ガバナンス 方針 と 組織 全体 の リソース の 割り当て の 調整 を 行い ます が 、 彼ら は 必ずし も 組織 通 の サービス ユニット ではあり ませ 彼ら。 しかし ながら 、 一部 の は ビジネス と ファンクショナル ファンクショナル チーム しかし の 、 一部 の時に は パートナー や カスタマー に まで 、 データ と アナリティクス に 関する 専門 知識 を 提供 する サービス ビューロー として の 役割 を 果たし ます。 経 経 て ば これら の 役割 を 繰り返し 求め られる の の ポート を 確立 し 最も 最も 重要 重要 な の ポート を 確立 し 最も 最も 最も 重要 重要その成功を促進することができるはずです。

CoEの継続的な成功を確実なものにするには

データ と アナリティクス の coe は 、 開始 日 と 終了 日 が 決まっ て いる プロジェクト 管理 オフィス ではあり ませ ん。 これ は 、 データ アナリティクス アナリティクス を通じて ビジネス 達成 を 促す これ を 意図 た 、 永続 的 な 的 枠組み です を 意図 し 、 永続 的 組織 的 枠組み です です です。 継続 的 な な 的 枠組み 枠組み です です。。 的 な成功 に は 、 トップ ダウン と ボトム ダウン 両方 の サポート が 必要 です。 優れ た COE は 、 ビジネス に もたらす 価値 を 立証 、 、 組織 の 戦略 目標 に対する 自ら の 貢献 を プロモーション し ます。 トーマス エジソン は かつて の 言い 貢献 プロモーション し ます。 トーマス エジソン は かつて 言い 言い 言いた。 「アイデア の 価値 は それ を 利用 する こと に ある」 と。 データ に も 同じ こと が 言え ます 。COE の 究極 の 目標 は 組織 全体 が データ に アクセス でき 、 利用 できる よう する こと で 、 、 アクセス でき 、 利用 できる よう する こと で 、 、 、実現を促すことです。価値の実現こそが、最終的な成功の判断基準です。


1 bit.ly/2TREfIp

2 sur.wsj.com/3f23kb4

Laisser un commentaire

Votre adresse e-mail ne sera pas publiée.